早期教育、教育ババゴンがやってみた

幼児の算数、英語、読み書き、習い事、考える力を育てる

幼児英語に、こどもちゃれんじ「ぷち」、完全バイリンガルで超お得

time 2018/03/30

幼児英語に、こどもちゃれんじ「ぷち」、完全バイリンガルで超お得

sponsored link

こどもちゃれんじ「ぷち」のDVDは英語吹き替え版付き

孫の金次郎くんは4月に1歳になります。年齢的には1年先取りになりますが、こどもちゃれんじの「ぷち」を受講することにしました。

元々、数週間前に生まれた早生まれのお子さんなら、この教材を使っているわけですから、無理をしている感じは全然しません。

「おしゃべりシュッポ」は、赤い機関車のおもちゃに、象、ライオン、ウサギを乗せるとしゃべるものです。2歳7か月のおにいちゃんの金太郎くんと取り合いになりながら遊んでいます。

受講前は知らなかったのですが、「ぷち」4月号のDVDは全編、英語吹き替えが入っているのです。これには大感激しました。

完全バイリンガル教材で2歳7か月のお兄ちゃんの英語教育にも大活躍

英語版の絵本はありませんが、全部、英語字幕が出るので、英語の確認もでき、簡単な言葉は、大人が繰り返し話しかけをすることができます。

DVDは次のような内容です。

①おどリズム「どうぶつのこども」、②ことば「どうぶつ」、③ぷちリトミック1「たたく」、④エデュトイであそぼう1「ぞうさんをのせて」、⑤生活習慣1「おはよう」、⑥エデュトイであそぼう2「きしゃのシュッポ」、⑦生活習慣2「ねるまえはみがきできるかな」、⑧エデュトイであそぼう3「シュッポとはみがき」⑨ゴー!ゴー!いろっぴこんにちはいろっぴだよ、⑩しまじろうとあそぼう「ちょうちょ」、⑪こんにちはトイレちゃん「わたしだれだ?」、⑫ぷちリトミック2「たたく」、⑬エンディング「しまじろうだいすき」、⑭これからのおしらせ、⑮こどもちゃれんじテーマソング「せかいはパラダイス」、⑯えいごのじかん「Head, Shoulders, Knees and toes」

ちなみに「⑭のこれからのおしらせ」は日本語です。

「エデュトイであそぼう」では、メインの知育玩具「おしゃべりシュッポ」を使った遊びの紹介です。動物を乗せるとおしゃべるをする機関車のおもちゃです。おもちゃとのやりとりがDVDになっています。

「せいかつしゅうかん」は「おはよう」と「はみがき」。歌に載せて”Good Morning”や”brush my teeth”を覚えます。

日本語の「ちょうちょ」の歌が英訳されていて感激しました。

完全なバイリンガル教材です。

娘ママと二人で「こんな教材が欲しかった」と叫んでしまいました。

ディズニーの英語システムのPlay Alongみたいに遊びながら学べる

ディズニーの英語システムのPlay Alongを中古で購入して子どもたちに聞かせています。

遊びの中で、自然な英語が学べるので、幼児の英語教材としては、優れていると思っています。金太郎くん、金次郎くんの英語教育のメイン教材です。

DVDを聞きながら、一緒に遊んでいるだけで、金太郎くんは少しずつ英語をピックアップしています。

生後6か月ごろから聞かせています。弟の金次郎くんも大好きです。

Play Alongは3巻ですが、こんな感じの英語教材がもっとあれば、自然に英語が身に着くのではないかと思っていましたが、今回の「ぷち」の英語訳DVDは、本当にほしかった教材にぴったりです。

日本語でも遊びながら学べるようになっています。

日本語で理解して上で、英語を繰り返し聞いていけば、子どもたちの英語の導入になると思います。

 

5月号の英語パーツに期待

5月号には「おしゃべりシュッポ」で、英語パーツが来るそうです。

おしゃべりシュッポを使った英語遊びもできると思います。

1か月当たり1,697円で日本語と英語両方の視聴覚教材は超お買い得

こどもちゃれんじは、年間購読すると、1か月当たり1,667円です。日本語での通常の幼児教育に加えて、英語の視聴覚教材が手に入るとすると、この価格は「超お買い得」です。

2歳年上の金太郎くんの英語教材にもなりますので、一緒に聞き回せます。

DWEのプレイ・アロングの同等レベルの教材が全10分の1の価格

幼児教育における、こどもちゃれんじの教材の効果は定評があります。生活面、日本語の言語習得等を遊び、日常生活の中で、自然に学び、習得していくようになっています。知育玩具も毎号ついてきて、楽しい内容になっています。

その英訳版。予想以上に良かったです。遊びの中で、生活の中での会話が英語になっています。プレイ・アロングは良い教材です。カリキュラムに沿って文法等を学んでいく、DWEの本体とは違います。聞き流し教材としても、有用です。でも3巻では物足りません。

こどもちゃれんじの場合は、1年間12巻。繰り返し聞いても、飽きがきません。より多くの英語に触れることができます。何より安い。プレイ・アロングは3巻で、知育玩具付きで45,000円、1巻当たり15,000円。こどもちゃれんじ「ぷち」は1年一括払いだと、1か月1,670円。日本語版も使えるので、英語のコストはその半分とすると、835円。プレイアロングは1巻40分弱ですが、こどもちゃれんじ「ぷち」のDVDは1か月分、20分強。2か月でほぼ同じ長さということになります。価格は約10分の1ということろでしょうか。

自分自身の英語習得にお金をかけてきたババゴンとしては、これはものすごく安いと思います。

こどもちゃれんじEnglishにも心が動きますが、それより安いです。

小学校前まで繰り返し聞かせたい

元々、「ぷち」の教材は、言葉を覚え始めの1,2歳児の生活に根差した教材です。取り上げる生活シーンも身近で基本的なことばかりです。

それが英語になるのですから、英語の日常会話に自然になっています。

小学校前まで繰り返し聞かせていきたいと思っています。

英語教材としては、長く使えると期待しています。

全コースで英語の吹き替え版を付けてほしい

「こどもちゃれんじ」には英語コースもありますが、このように本体にも、英語訳を付けてもらえれば、幼児の発達段階にあった、生活の場面での英語を身に付けることができると思います。

いっそのこと全コースに英訳を付けてほしい、と思っています。

今のところ、英訳は「ぷち」しかありません。対象年齢前後の方には、断然、おすすめです。

 

 

こともちゃれんじ「ぷち」の英語字幕画面

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

娘の子育てをお手伝い。孫の早期教育担当です。

教育ババゴン

教育ババゴン

娘の子育てをお手伝い中。読み書き、算数、英語、考える力、空間認知能力……。早期教育担当です。小学校に行く前にほとんどのお子さんがひらがなが読める時代。シングルマザーで、職業婦人だった私は、現役ママ時代、娘の教育支援は十分できませんでした。ちょっと後悔しています。孫たちには遊びながら、将来の学習の礎を築いてほしいと思っています。小学校に入るまでには「少年ジャンプ」が読めるようになってもらうのが目標です。

最近のコメント

    アーカイブ

    

    sponsored link